<大阪>インバウンド最新事情-持続的に呼び込む力

藻谷浩介・
日本総合研究所主席研究員
開催:
09月21日(金) 14:00~15:30

料金:*会員無料、一般8000円(税込)

会場:日本経済新聞社大阪本社ビル 1階カンファレンスルーム

受付終了

人口減少の進む日本・地域経済でインバウンドは欠かせない需要ですが、一過性に終らせないためには何が必要か。平成合併前の国内3200市町村すべて、海外90ヵ国以上を自費で視察、何度も現地に赴き、背後の構造とともに地域特性を多面的につかんだ深い考察で著名な藻谷氏に、国内外の豊富な事例を踏まえて、都市・地方両方のインバウンドの最新動向や変化の兆し、持続的に呼び込むためのカギ・課題を聞きます。
講師略歴(もたに こうすけ)
1988年東京大学法学部、94年米コロンビア大学経営大学院卒業。日本政策投資銀行地域振興グループ地域支援班参事役などを経て2012年から現職。地域振興や人口成熟問題に関し精力的に研究・著作・講演を行う。