シリーズ 外国人受け入れをどう進めるか (第2回)

外国人受け入れの地域社会の取り組み―浜松市の経験から

鈴木康友・浜松市長
開催:
10月16日(火) 14:00~15:30

料金:会員無料、一般8000円(税込)

会場:日本経済新聞社東京本社ビル 6階セミナールーム2

受付終了

 全国でも有数の外国人労働者、特にブラジル人が多く居住する浜松市は、いち早く多文化共生に取り組んできました。社会経済環境の変化に対応するため、「第2次浜松市多文化共生都市ビジョン」を策定し、努力を続けています。これまでの浜松市における共生社会づくりへの取り組みを紹介しながら、外国人の受け入れについて、自治体の立場から語っていただきます。

■講師略歴
 1980年慶應義塾大学法学部卒、85年松下政経塾(第1期生)卒。2000年衆議院議員初当選、07年浜松市長初当選以来、現職。マニフェスト大賞、『リオ・ブランコ』ブラジル国家勲章受章

これから開催予定のセミナー

10月

24日

<大阪>中国IT産業の発展要因と将来展望 ― 直面する課題と日本企業の対応策

岡野寿彦・
NTTデータ経営研究所シニアスペシャリスト

開催:14:00〜15:30 日本経済新聞社大阪本社ビル 1階カンファレンスルーム

10月

25日

消費増税時の需要平準化は可能か

斎藤 太郎・ニッセイ基礎研究所経済調査室長
田中 陽・日本経済新聞社編集委員
高野 哲彰・日本経済研究センター副主任研究員

開催:14:00〜15:30 日本経済新聞社東京本社ビル 6階セミナールーム2

10月

29日

景気討論会

景気討論会(東京)

鈴木善久・伊藤忠商事 代表取締役社長COO
清水博・日本生命 代表取締役社長
中空麻奈・BNPパリバ証券 チーフクレジットアナリスト
岩田一政・日本経済研究センター 理事長
(司会)長谷部剛・日本経済新聞社 東京本社編集局長

開催:13:30〜15:30 日本経済新聞社東京本社ビル 3階 日経ホール

(13:00開場) 

10月

30日

GAFA時代の競争政策のあり方を考える~良き社会のための経済学

ジャン・ティロール・仏トゥールーズ・スクール・オブ・エコノミクス・チェアマン(米MIT客員教授、2014年ノーベル経済学賞受賞者)
モデレーター)安田洋祐・大阪大学大学院経済学研究科准教授
  
*英語で進行します。
*お申込の際、備考欄に会社名の英文表記をご記入ください。また、講師へのご質問がおありでしたら備考欄にお書きください(日本語で構いません)。 

開催:10:00〜11:30 日本経済新聞社東京本社ビル 6階カンファレンスルーム

11月

01日

金森久雄氏 追悼・特別シンポジウム 「エコノミスト」の出番、日本経済の現状と課題(仮) *会員・ご招待者限り 

稲田義久・アジア太平洋研究所数量経済分析センター長/甲南大学総合研究所所長
木内登英・野村総合研究所エグゼクティブ・エコノミスト
嶋中雄二・三菱UFJモルガン・スタンレー証券景気循環研究所長
武田洋子・三菱総合研究所政策・経済研究センター長・チーフエコノミスト
司会)小峰隆夫・日本経済研究センター理事・研究顧問

開催:16:00〜17:30 日本経済新聞社東京本社ビル 6階カンファレンスルーム

*会員およびご招待者限り

もっと見る