経済・貿易に関する国際世論の動向と米中間選挙後の焦点

ブルース・ストークス・米ピュー・リサーチ・センター国際経済世論調査担当ディレクター
*英語で進行します。
*お申込の際、備考欄に会社名の英文表記をご記入ください。
開催:
11月15日(木) 10:00~11:30

料金:会員無料、一般8000円(税込)

会場:日本経済新聞社東京本社ビル 6階セミナールーム2

受付終了

 世界を震撼させた金融危機から10年が経過し、各国経済の安定度や再発防止策が改めて意識されています。この節目の時期に米中間の摩擦など通商問題もクローズアップされています。米国を代表する世論調査機関、ピュー・リサーチ・センターのストークス氏が、日本を含む主要国で実施した経済に対する信頼感、貿易拡大への賛否などに関する最新の調査結果を報告します。さらにワシントンの経済政策ウォッチャーとして中間選挙後のホワイトハウス・議会の焦点を解説します。

■講師略歴
 ブルース・ストークス(Bruce Stokes) ピュー・リサーチ・センターで経済、外交、価値観についての世論調査の実施・分析を担当。シンクタンク、ジャーマン・マーシャル・ファンド(本部ワシントン)の非常勤研究員、英国の王立国際問題研究所(チャタム・ハウス)のアソシエイト・フェロー。ナショナル・ジャーナル誌の国際経済担当記者を務めた経験もあり、多くのメディアを通じて意見を発信。

これから開催予定のセミナー

11月

21日

短期主義とコーポレートガバナンス改革の課題

大崎 貞和・野村総合研究所未来創発センターフェロー

開催:10:00〜11:30 日本経済新聞社東京本社ビル 6階セミナールーム2

11月

26日

<東京>日経センター短期経済予測説明会 *会員限り

西岡慎一・日本経済研究センター短期経済予測主査

開催:15:00〜16:30 日本経済新聞社東京本社ビル 6階カンファレンスルーム

11月

27日

<大阪>日経センター短期経済予測説明会 *会員限り

西岡慎一・
日本経済研究センター短期経済予測主査

開催:14:00〜15:30 日本経済新聞社大阪本社ビル 1階カンファレンスルーム

11月

28日

米国政治どう変わる―中間選挙を受けて

久保文明・東京大学大学院法学政治学研究科教授

開催:15:00〜16:30 日本経済新聞社東京本社ビル 6階セミナールーム2

12月

03日

<大阪>激化する米中貿易摩擦下の中国新経済

西村 友作・
対外経済貿易大学国際経済研究院教授

開催:14:00〜15:30 日本経済新聞社大阪本社ビル 1階カンファレンスルーム

もっと見る