<大阪>日経センター金融研究説明会 
 日銀に金融緩和の余地は残されているのか*会員限り

左三川 郁子・
日本経済研究センター主任研究員
開催:
03月08日(金) 14:00~15:30

料金:無料*会員限り

会場:日本経済新聞社大阪本社ビル 1階カンファレンスルーム

米中貿易戦争や米国のQT(金融の量的引き締め)が世界の金融市場を揺さぶり、各国が再び緩和方向に舵を切るリスクが高まっています。日本に残された選択肢は何でしょうか。超低金利環境で地銀を中心とする銀行のさらなる収益悪化が懸念されるなか、日銀はいつまで異次元の金融緩和を続けるのでしょうか。国内外の政治経済リスクが日本の金融システムに及ぼす影響について考えます。