シリーズ データサイエンスの潮流 (第1回)

データ分析力が不可欠な時代へ―人材を育成するには

竹村 彰通・滋賀大学データサイエンス学部長・教授
  
開催:
03月18日(月) 15:30~16:50

料金:会員無料、一般8000円(税込)

会場:日本経済新聞社東京本社ビル 6階セミナールーム2

受付終了

 デジタル化の進展で、企業はデータを大量に保有するようになり、データ分析の用途開拓が求められています。データサイエンティストへのニーズが高まる一方、人材は不足しており、社内人材の再教育が急務となっています。2017年に日本初のデータサイエンス学部を立ち上げた竹村教授に、そもそもデータサイエンスの手法で何ができるのか、社内人材をどう育成すればよいのか、お話しいただきます。

 ■講師略歴
(たけむら あきみち) 1978年東京大学大学院経済学研究科修士課程修了。スタンフォード大学統計学科客員助教授、東京大学大学院情報理工学系研究科教授などを経て、2017年から現職