グローバル経済の行方―早期回復は本当に可能か

河野 龍太郎・BNPパリバ証券チーフエコノミスト
開催:
04月12日(金) 14:00~15:30

料金:会員無料、一般8000円(税込)

会場:日本経済新聞社東京本社ビル 6階セミナールーム2

 金融市場では、FRB が利上げ中断を表明したことや、今後の中国の経済対策の効果に対する期待感から、グローバル経済の早期回復論が優勢です。しかし、昨秋から始まった中国での設備投資の急激な冷え込みを起点とする総需要ショックが、日本や韓国、ドイツなどの工業国に波及し始めています。果たして、グローバル経済の早期回復は本当に可能なのか、河野氏に分析していただきます。

■講師略歴

(こうの りゅうたろう)  1987年横浜国立大学経済学部卒、住友銀行(現三井住友銀行)入行。大和投資顧問(現大和住銀投信投資顧問)、第一生命経済研究所を経て2000年から現職