デジタル課税の論点

土居 丈朗・慶應義塾大学経済学部教授
開催:
05月23日(木) 14:00~15:30

料金:会員無料、一般8000円(税込)

会場:日本経済新聞社東京本社ビル 6階セミナールーム2

 GAFAなど国際的なIT大手を対象とした「デジタル課税」の導入をG20とOECDが連携して進めています。実際にフランスは1月から適用を開始し、英国とインドは4月からの導入を公表しました。一方、新たに余分な税負担を課すことは経済成長を妨げるとの懸念が指摘されています。公平な国際課税ルールはどうあるべきか。デジタル課税議論の進捗状況に加えて、今後の動向や課題についても言及します。

■講師略歴

(どい たけろう) 1993年大阪大学経済学部卒、99年東京大学大学院経済学研究科博士課程修了。慶應義塾大学准教授などを経て、2009年から現職。経済学博士