シリーズ データサイエンスの潮流 (第2回)

因果もわかる機械学習―社会への応用を中心に

成田悠輔・米エール大学経済学部助教授
  
開催:
06月06日(木) 14:00~15:30

料金:会員無料、一般8000円(税込)

会場:日本経済新聞社東京本社ビル 6階セミナールーム2

 AIのための機械学習、特に深層学習が脚光を浴びています。因果関係が不明な点が機械学習や深層学習の限界だといわれてきましたが、「因果もわかる機械学習」が生まれつつあります。活用分野は、広告やニュースの配信といったビジネスへの応用や、囲碁や将棋のようなゲームへの応用まで、多岐に渡ります。成田助教授に、機械学習の基本と実装例について解説していただきます。

 ■講師略歴(なりた ゆうすけ)2016年米マサチューセッツ工科大学経済学博士号取得。17年から現職。市場や社会の制度設計と、社会制度から出てきたデータを用いて因果機械学習を研究