ユーロ・リスクを読む―負の連鎖は避けられるか

吉田健一郎・みずほ総合研究所上席主任エコノミスト
聞き手)刀祢館久雄・日本経済研究センター研究主幹
開催:
06月19日(水) 14:00~15:30

料金:会員無料、一般8000円(税込)

会場:日本経済新聞社東京本社ビル 6階セミナールーム2

 ユーロ圏経済の減速傾向が鮮明になり、世界経済への影響が懸念されています。欧州最強だったドイツの変調、イタリアの財政赤字問題など、不安材料が相次ぐなか、先行きをどう見るべきでしょうか。導入から今年で20年を迎えたユーロが直面する構造的な課題や、ブレグジットにどう備えるべきかといった点も含め、欧州の経済リスクを読み解いていただきます。

■講師略歴 

(よしだ けんいちろう) 1996年一橋大学商学部卒、富士銀行(現みずほ銀行)入行。対顧客為替ディーラーを経て、2004年みずほ総合研究所に出向。08年ロンドン駐在、14年から現職。ロンドン大学修士(経済学)