米中のサイバー空間の覇権争いと日本

土屋 大洋・慶応義塾大学大学院政策・メディア研究科教授、日本経済新聞社客員論説委員
開催:
07月11日(木) 14:00~15:30

料金:会員無料、一般8000円(税込)

会場:日本経済新聞社東京本社ビル 6階セミナールーム2

 国家が関与するサイバー犯罪、サイバースパイ活動、サイバー攻撃が増えてきており、新たな地政学、地経学、地技学上の課題になっています。技術は国力に大きく関係し、サイバーセキュリティはその根幹を揺るがす問題です。米中間で技術覇権をめぐる争いが起こる一方、日本は東京五輪などメガイベントへのサイバー対応を迫られている現状と今後について、解説していただきます。

■講師略歴 

(つちや もとひろ) 1999年慶応義塾大学大学院政策・メディア研究科後期博士課程修了、博士(政策・メディア)。2005年同大助教授などを経て、11年から現職。著書に『サイバーセキュリティと国際政治』など