内外経済・金融情勢と政策対応の展望

木内 登英・野村総合研究所エグゼクティブ・エコノミスト
開催:
07月23日(火) 14:00~15:30

料金:会員無料、一般8000円(税込)

会場:日本経済新聞社東京本社ビル 6階セミナールーム2

 世界経済の長期回復の背景には、潜在力低下による物価・賃金の安定があります。潜在力低下は景気過熱リスクを低下させる一方、金融過熱リスクを高めます。政策の重点が金融政策を通じたデフレ脱却に置かれてきたことが、日本経済の潜在力向上を妨げてきたのか。米中の対立が続き、景気が悪化すれば、外需依存型の日本経済はどうなるのか。木内氏にその影響と政策対応を展望していただきます。

■講師略歴 

(きうち たかひで) 1987年早稲田大学政治経済学部卒、 野村総合研究所入社。2007年同金融経済研究所経済調査部長兼チーフエコノミスト、12−17年日本銀行政策委員会審議委員などを経て、17年から現職