MMT(現代貨幣理論)論争を考える

小早川周司・明治大学政治経済学部教授
中里透・上智大学経済学部准教授
モデレーター)藤井彰夫・日本経済新聞社上級論説委員兼編集委員
開催:
07月24日(水) 14:00~15:30

料金:会員無料、一般8000円(税込)

会場:日本経済新聞社東京本社ビル 6階セミナールーム2

 MMTは自国通貨建てで政府が借金し物価が安定している限り、財政赤字の膨張は問題ないとする学説です。日本を実証例として米国で提唱され、議論を呼んでいます。米国事情に詳しい藤井氏にその政治的背景を紹介いただき、両先生にMMTの経済学史における位置づけ、貨幣と信用創造の問題、さらにはMMTの日本へのインプリケーションなどについて解説いただきます。

■講師略歴 

(こばやかわ しゅうじ) 1997年オックスフォード大学大学院経済学博士課程修了(D.Phil)。日本銀行調査統計局経済統計課長、企画局参事役、決済機構局参事役などを経て、2019年から現職

(なかざと とおる) 1988年東京大学経済学部卒。日本開発銀行設備投資研究所、東京大学経済学部助手などを経て、現職。一橋大学国際・公共政策大学院客員准教授を兼務。専門はマクロ経済学、財政運営

(ふじい あきお) 1985年早稲田大学政治経済各部卒、日本経済新聞社入社。欧州総局編集委員、ワシントン支局長、国際アジア部長、Nikkei Asian Review編集長、編集局総務兼グローバル編集本部長などを経て、2017年から現職