米中「冷戦」時代の日本のルール形成戦略

國分俊史・多摩大学大学院教授、ルール形成戦略研究所長
開催:
09月03日(火) 14:00~15:30

料金:会員無料、一般8000円(税込)

会場:日本経済新聞社東京本社ビル 6階セミナールーム2

 世界は米中を中心に、経済・安保一体の競争の動きが進んでいます。その中ではルールづくりとその活用の成否が勝敗のカギを握ります。日本政府が取り組むべき国家戦略としてのルール形成(競争環境整備)戦略と、各国の安全保障経済政策に翻弄されない世界市場で勝つための企業ルール形成戦略の観点から、政府と企業がいかに能動的に構想、実践すべきかについてお話しいただきます。

■講師略歴
(こくぶん としふみ) 早稲田大学大学院公共経営研究科修了。IT企業の経営企画、シンクタンク、米国系戦略ファームA.T. カーニープリンシパル、米国系会計ファームヴァイスプレジデントパートナーを経て、2016年から現職