グローバル・バリューチェーンから読み解く国際経済の力学

猪俣哲史・ジェトロ・アジア経済研究所上席主任調査研究員
開催:
10月24日(木) 14:00~15:30

料金:会員無料、一般8000円(税込)

会場:日本経済新聞社東京本社ビル 6階セミナールーム2

 グローバル・バリューチェーン(GVC)は、先進国と途上国の間で価値の分配をめぐる峻烈な闘いを生みました。米中の貿易問題は、その対立が表面化したものと言えます。先進国では保護主義が台頭し、途上国では過激な産業高度化政策が推し進められています。国際経済の力学はどう変わるのか。通商政策や成長戦略はどうあるべきか。グローバル・バリューチェーンの視点から解説していただきます。

■講師略歴
(いのまた さとし) 1991年オックスフォード大学修士号、2014年一橋大学博士号取得。17年から現職。国際産業連関学会会長。近著に『グローバル・バリューチェーン ―新・南北問題へのまなざし』