ブルッキングス研究所・日経センター共催
Sustaining the East Asian Peace

【Panel 1 What is really at stake in the Sino-U.S. rivalry?】
ブルース・ジョーンズ・ブルッキングス研究所副所長
ジェフリー・べーダー・同上級研究員
マイケル・オハンロン・同上級研究員兼外交政策研究部長
青山瑠妙・早稲田大学大学院アジア太平洋研究科教授
田中均・日本総合研究所国際戦略研究所理事長

【Panel 2 Will East Asia separate into two blocs?】
ミレヤ・ソリース・ブルッキングス研究所東アジア政策研究所長兼日本研究部長
リチャード・ブッシュ・同上級研究員兼台湾研究部長
エバンス・リビア・同上級研究員
津上俊哉・日本国際問題研究所客員研究員、現代中国研究家
*日英同時通訳付き
*お申込の際、備考欄に会社名の英文表記をご記入くださるようお願いします
開催:
10月28日(月) 10:00~12:00

料金:会員無料、一般8000円(税込)

会場:日本経済新聞社東京本社ビル 6階カンファレンスルーム

 米中の対立は経済摩擦にとどまらず、次世代技術や安全保障をめぐる覇権争いの様相を強めています。そのはざまにあるアジアにはブロック化の圧力が加わっているとの指摘も出ています。この大国間競争の時代にあって日本はどのように進路を切り拓けばよいのでしょうか。ブルッキングス研究所から有力な研究員を多数招き、東アジアの今後について議論を深めます。

【後援】日本経済新聞社