シリーズ データサイエンスの潮流 (最終回)

データ分析のビジネス突破力

渡辺安虎・東京大学大学院経済学研究科・公共政策大学院教授
開催:
11月13日(水) 14:00~15:30

料金:会員無料、一般8000円(税込)

会場:日本経済新聞社東京本社ビル 6階セミナールーム2

 企業のデータ環境整備が進み様々なデータが得られるようになったものの、そのデータを分析し経営判断に直接役立てている企業は限定的に見受けられます。その理由の一つとしてビジネスを深く理解したデータ分析者が育っていないことが挙げられます。日経センターが来年度創設するデータサイエンス研修で指導にあたる渡辺教授が、ビジネス課題の解決にデータ分析が持つ力について語ります。

■講師略歴
(わたなべ やすとら) 2005年ペンシルべニア大学博士課程修了(Ph.D.)。ノースウェスタン大学ケロッグ経営大学院助教授、香港科技大学准教授、アマゾンジャパン経済学部門長を経て、19年7月から現職。18年円城寺次郎記念賞受賞