少子高齢化時代、企業の年金・医療問題を考える 
*会場は大手町ファーストスクエアです 

真野俊樹・中央大学大学院戦略経営研究科教授
木村真・兵庫県立大学大学院シミュレーション学研究科教授
モデレーター)小林健一・日本経済研究センター主任研究員
開催:
11月20日(水) 15:00~16:30

料金:会員無料、一般8000円(税込)

会場:大手町ファーストスクエアカンファレンス
   *会場注意日経本社ではありませんので、ご注意ください。

 少子高齢化の進展は就業人口の減少や退職者への年金支給、医療費補助という形で企業経営を圧迫します。少子高齢化時代に企業が競争力を維持していくためには、どうしたらよいでしょうか。日本経済研究センターの政策ブログ『財政・社会保障研究会』に寄稿する年金、医療の専門家を招き、企業がとるべき方策を議論します。

■講師略歴
(まの としき) 1987年名古屋大学医学部卒。コーネル大学医学部研究員、昭和大学医学部講師、多摩大学教授を経て、2018年から現職。京都大博士(経済学)、藤田医科大博士(医学)、内科専門医

(きむら しん) 2000年大阪大学経済学部卒。北海道大学博士研究員、同特任助教、兵庫県立大学准教授を経て、19年から現職。社会情報科学部教授を兼務。大阪大博士(経済学)。専門は財政学、社会保障論

大手町ファーストスクエアカンファレンス