<大阪>米イラン対立と日本のエネルギー安全保障

松尾博文・
日本経済新聞社編集委員兼論説委員
開催:
04月17日(金) 14:00~15:30

料金:会員無料、一般8000円(税込)

会場:日本経済新聞社大阪本社ビル 1階カンファレンスルーム

年明け早々、米国とイランの対立が緊迫化し、原油などの中東依存度が高い日本のエネルギーの安定的な調達に改めて懸念が強まっています。米イラン対立を軸にした今後の中東情勢の行方と日本のエネルギー安全保障を巡る今後の動きについて、中東やエネルギー問題の取材を続けてきた松尾氏に聞きます。

■講師略歴(まつお ひろふみ)
1989年東京外国語大学アラビア語学科卒、日本経済新聞社入社。テヘラン、カイロ、ドバイ支局に駐在し湾岸戦争、イラク戦争など中東動乱や国際エネルギー情勢を取材。2011年から現職