*開催延期 当面の気候変動問題―COP27とG7 2023への対応を中心に

北村俊博・外務省国際協力局参事官(気候変動交渉担当大使)*赤堀毅外務省審議官(大使)から講師変更
進行)小林辰男・日本経済研究センター主任研究員
*講師都合により延期します。新たな日程が決まり次第、ご案内致します。
開催:
07月27日(水) 14:00~15:30

会場:日本経済新聞社東京本社ビル 6階セミナールーム2

受付終了

気候変動問題は克服すべき喫緊の課題です。一方、ロシアのウクライナ侵略によって、各国はエネルギー安全保障の重要性を再認識しています。今後の気候変動対策において、排出実質ゼロの実現とエネルギー安全保障の強化、気候変動の影響への対処に同時に取り組むことが肝要である中、本年秋のCOP27、来年の広島G7に向けて日本がとるべき針路について討論します。

【ご略歴】(きたむら としひろ) 1992年京都大学法学部卒、92年外務省入省。2009年在ベトナム日本国大使館参事官、12年在フランス日本国大使館参事官、14年内閣官房内閣参事官、欧州局西欧課長、16年大臣官房報道課長、18年在スリランカ日本国大使館公使などを経て、21年9月から現職

 

*オフレコで進めます。

お申し込みは「政策懇談会」メンバー(代理可)とさせていただきます。