【東京会場】<グローバル危機に聞く>
2023年の世界経済、「成長の臨界」にどう対応するか

河野龍太郎・BNPパリバ証券チーフエコノミスト
*要申込
開催:
12月09日(金) 10:30~12:00

料金:会員無料、一般8000円(税込)

会場:日本経済新聞社東京本社ビル 6階カンファレンスルーム

*開催後、収録動画を配信いたします
*今後の情勢の変化により、Webセミナー(ライブ配信)となる可能性があります

 コロナ禍では世界各国で大規模な財政・金融政策が発動され、景気回復と共にグローバル・インフレが到来しました。財政インフレならボルカー流の引き締めでも鎮静は難しいと考えられる中で、来年の世界経済はどうなるのか。近著『成長の臨界』において、日本の長期停滞の原因を探り、その脱却策を提示された河野氏に、マクロ政策から社会保障、労働政策、税制、企業統治、DX、GXまで、日本がとるべき道と政策の優先順位についてうかがいます。

■講師略歴
(こうの りゅうたろう) 1987年横浜国立大学経済学部卒、住友銀行(現三井住友銀行)入行。大和投資顧問(現三井住友DSアセットマネジメント)、第一生命経済研究所を経て2000年から現職