【Webセミナー】ライブ配信
防衛3文書改定と日本の安全保障力強化

高見沢将林・東京大学公共政策大学院客員教授(元国家安全保障局次長)
聞き手)伊集院敦・日本経済研究センター首席研究員
*要申込
開催:
12月20日(火) 14:00~15:00

料金:会員無料、一般8000円(税込)

会場:---

受付終了

*Zoomウェビナーでは、開催日1営業日前に事前登録用のURLをお送りします。迷惑メールに入ることがございますのでご確認ください
*開催後、収録動画を配信いたします

 政府は防衛力強化のため防衛に関する3つの文書、「国家安全保障戦略」「防衛計画の大綱(防衛大綱)」「中期防衛力整備計画(中期防)」を改定します。日米協力や弾道ミサイル防衛推進など日本の防衛政策に長く携わってこられた高見沢教授に、改定のポイントと今後の防衛力強化策についてうかがいます。

■講師略歴
(たかみざわ のぶしげ) 1978年東京大学法学部卒、防衛庁入庁。運用企画局長、防衛政策局長、防衛研究所長、内閣官房副長官補(事態対処・危機管理担当)(国家安全保障局次長及び内閣サイバーセキュリティセンター長を兼務)などを歴任。退官後、2016年ジュネーブの軍縮会議日本政府代表部大使。2020年4月から現職