岩田一政の万理一空

コロナが米に迫る3つの選択

 

2020/08/18

 米国の経済活動再開は時期尚早だった。新型コロナウイルスは強靱(きょうじん)だ。突然変異を繰り返し、抗体形成メカニズムも複雑だ。ワクチン開発を年明けと仮定する「標準シナリオ」だけでなく、開発されないケース(日本経済研究センター7月中期予測「悪夢のシナリオ」)も視野に入れ対応すべきだ。  第2次世界大戦の危機に直面したチャーチル元英国首相は、  >続きを読む

2020/08/18

コロナが米に迫る3つの選択

2020/06/04

コロナ危機克服と社会的知性

2020/03/25

「グリーンスワン」の金融リスク

2020/01/17

デジタル資本主義、トランプ主義、温暖化への対応を