実哲也の揺れるアメリカを読む

反自由貿易に一段と傾く米民主党

 

2019/02/04

 トランプ大統領の登場が与党・共和党の性格を変質させつつあることについては、このコラムで幾度か指摘してきた。見逃してならないのは、化学反応は民主党にまで及んでいるという点だ。労働者を代表するはずの民主党の大統領候補が反エリートを掲げる候補に敗北したことの傷は大きく、党のあり方を考え直さなければいけないという議論につながっている。
 いつのまに  >続きを読む

2019/02/04

反自由貿易に一段と傾く米民主党

2019/01/07

テキサスから考える米国の将来