実哲也の揺れるアメリカを読む

「移民の国」はどこへいく

 

2018/10/02

 グローバリズムを否定する内向きな「トランプ主義」の2枚看板は、保護主義的な通商政策と不法移民の排除だ。それを象徴する選挙公約が「中国への高関税」と「メキシコとの国境全域でのカベ建設」だった。
 保護貿易政策はまさに全開の状況であり、まさかと思われた中国への高関税措置も実現した。それとは対照的にメキシコ国境へのカベ作りは進んでいない。だからと>続きを読む

2018/10/02

「移民の国」はどこへいく