一覧へ戻る
小林光のエコ買いな? (第38回)

米国は、それでもやっぱり環境ビジネス大国

省エネ・節水を収益機会にする多次元的評価

 

2018/09/27

 

 地球温暖化問題へ極めて否定的な対応の米国のトランプ政権。しかし米国の社会は着実に対応を進め、地球温暖化防止をビジネス機会にしようとしており、米国は日本を上回る「環境ビジネス大国」になりつつある。米国に1年間、派遣教員として在住した小林光特任研究員(慶應義塾大学特任教授)に米国の地域レベルの挑戦についてリポートしてもらった。

 ※2017年8月以前のバックナンバーはこちら(旧サイト)をご覧ください。

バックナンバー

2019/12/27

21世紀半ば、先進国の温室効果ガス排出ゼロに黄信号

-中印の協定離脱なし、米は民主導で削減を実現

第43回

2019/08/20

再生可能エネルギー100%への道(下)需要側からのビジネス提案こそ具体化を

--鹿児島・甑島(こしきしま)、沖縄・宮古島から学ぶこと

第42回

2019/08/07

再生可能エネルギー100%への道(中)水素、供給者論理だけでは普及に限界も

日中の挑戦例から

第41回

2019/07/12

再生可能エネルギー100%への道(上)普及はユーザーが主役

ビジネスとしての成立には一層の参加が必須

第40回

2019/01/04

炭素で稼ぐビジネスは先行きなし

いよいよカーボン・プライシングで、エコな需要の創出を

第39回