刀祢館久雄のエコノポリティクス

バイデン政権で米国第一主義は変わるか

 

2020/11/09

    激戦の末にバイデン氏の当選確実となった米大統領選挙だが、12年前、同じ民主党のオバマ氏が当選したときの米国に見られた高揚感とはおよそ程遠く感じる。新しい時代への希望を託すというよりも、「トランプ氏支持か反対か」をめぐる泥仕合にほとんど終始してしまったせいだろう。  世界の多くの国からは、次期政権が国際協調重視に動くことへの期待  >続きを読む

2020/11/09

バイデン政権で米国第一主義は変わるか

2020/09/02

揺れる国際秩序とポスト安倍外交

2020/06/25

アフター・トランプの世界 

2020/04/16

ポスト「Gゼロ」問うコロナ危機

2020/02/27

主張するEUとルール覇権 グリーンとデジタルを二枚看板に