一覧へ戻る
2050年への構想 成長と財政再建の両立を目指して

消費増税、景気腰折れを防ぐ配慮を

―低所得者に一時的減税 法人税減税も

 

2013/09/20

 安倍晋三首相は10月初めに消費税率を当初予定通り14年4月から3%引き上げる最終判断をする見通しだ。この場合、景気押し下げのインパクトは16兆円を上回り、軽視できない大きさになる。無策のままでは景気が腰折れし、デフレ脱却が不十分になるなど、15年10月の2%引き上げが困難になる恐れがある。財政再建は国際公約であり、増税は避けて通れない。消費税引き上げを円滑に進めるため必要な手立ては何かをまとめた。

バックナンバー

2020/09/10

データ主導社会、異領域のデータ連携が不可欠

個人情報保護、偽情報対策など情報の信頼性確保が必要
6G、日米欧で早急に研究開発を

議事要旨 第9回

2020/09/02

コロナ危機、DX時代でクラウドサービスの利用が拡大

トップ自らの推進とクラウド人材育成が不可欠

議事要旨 第8回

2020/07/20

コロナ感染防止でSNSの可能性が拡大

個人情報の活用は、エンドユーサーの利益が不可欠

議事要旨 第7回

2020/07/20

位置情報と検索データをコロナ対策に応用

6月下旬に感染を疑われる人が再び増加

議事要旨 第1回

2020/06/24

<動画シリーズ13 最終回> 感染防止と経済成長の両立、デジタル技術が中核 西村経済再生相に聞く


話し手は西村康稔・経済再生相、聞き手は政策研究室長・小林辰男

2020/06/19

<動画シリーズ12> 新型コロナにも効く行動経済学 大竹文雄・日本経済研究センター研究顧問、大阪大学教授に聞く


話し手は大竹文雄・日本経済研究センター研究顧問、大阪大学教授
聞き手は西條都夫・日本経済新聞社上級論説委員

2020/05/26

<動画シリーズ11> 欧州経済・回復への難路 伊藤さゆりニッセイ基礎研究所研究理事に聞く


話し手は伊藤さゆり・ニッセイ基礎研究所研究理事
聞き手は研究主幹・刀祢館久雄