一覧へ戻る
その他 成長と財政再建の両立を目指して

消費再増税「1%ずつ」検討を

―女性就業促進へ「壁」撤廃を―企業のベンチャー出資に税優遇も の詳細はこちら

 

2014/10/31

 2015 年10 月からの消費再増税は、財政状況を考えれば先送りはできない。しかし、2%の増税では駆け込み需要と反動減で、景気の振れが再び拡大する。代わりに1%ずつの増税を検討すべきだ。円滑な増税実施を促すとともに、人口減少に歯止めをかけ、未来の成長を呼び込む手立てを補正や来年度予算に盛り込むことを提案する。

バックナンバー

2016/04/27

税・社会保障の改革工程表を2年以内に

-財政規律、独立機関で確保せよ
-成長加速へ異次元改革を

消費増税再延期なら財政再建へ道筋を

2016/04/08

生産性向上へ50兆円のソフト投資を

―人口減対策、マイナス金利政策の強化も

【緊急政策提言】世界経済危機の回避とデフレの克服へ

2014/12/15

安定より挑戦・競争に舵切れ―雇用、分権、人口で大改革を

アベノミクス2.0への課題

猿山 純夫

2014/10/31

消費再増税「1%ずつ」検討を

―女性就業促進へ「壁」撤廃を―企業のベンチャー出資に税優遇も の詳細はこちら

成長と財政再建の両立を目指して

2014/05/22

法人税率 10%引き下げを

2030年のGDP、50兆円押し上げ―市場開放・生産性改善の突破口に

成長を呼び込む税制改革提言

2014/05/16

金融資本市場の活性化を成長戦略の柱に

―国際金融センターとしての飛躍へ国家戦略特区の活用を

3シンクタンク共同提言「東京金融シティ構想の実現に向けて」