一覧へ戻る
2050年への構想 メガ・リージョナリズムの時代研究会 中間報告

2020年までの対内投資、倍増可能

 

2015/03/13

 世界貿易機関(WTO)における多角的なぼうえき自由化交渉が停滞する中で、現在、各国が広域経済連携協定交渉を競い合うメガ・リージョナリズムの時代になっている。日本は環太平洋経済連携協定(TPP)をはじめ東アジア地域包括経済連携(RCEP)、日欧FTA(自由貿易協定)という3つの広域経済連携協定の結節点に位置している。  昨年度、日本経済研究センターは長期予測の中で、2010年から50年までの実質GDPの年率成長率が、基準シナリオでは0.2%であるのに対して、改革を実行するシナリオでは1.4%まで高めることが可能と予測、その差の7割は市場開放度を高めることで達成できると分析した。そこで、市場開放度向上を成長へ結びつける具体的な道筋を探るため、「メガ・リージョナリズムの時代研究会」を立ち上げ、2015年度にかけて検討を進めている。  広域経済連携協定の恩恵を享受するためには、まず、海外の優れた企業や人材を国内に呼び込むことが必要である。2020年までに日本の体内直接投資残高を倍増させる政府目標が達成可能か、同研究会の中間報告として、服部・舘(2015)の中からシミュレーション分析と倍増へのカギがどこにあるのか、紹介する。

バックナンバー

2020/09/10

データ主導社会、異領域のデータ連携が不可欠

個人情報保護、偽情報対策など情報の信頼性確保が必要
6G、日米欧で早急に研究開発を

議事要旨 第9回

2020/09/02

コロナ危機、DX時代でクラウドサービスの利用が拡大

トップ自らの推進とクラウド人材育成が不可欠

議事要旨 第8回

2020/07/20

コロナ感染防止でSNSの可能性が拡大

個人情報の活用は、エンドユーサーの利益が不可欠

議事要旨 第7回

2020/07/20

位置情報と検索データをコロナ対策に応用

6月下旬に感染を疑われる人が再び増加

議事要旨 第1回

2020/06/24

<動画シリーズ13 最終回> 感染防止と経済成長の両立、デジタル技術が中核 西村経済再生相に聞く


話し手は西村康稔・経済再生相、聞き手は政策研究室長・小林辰男

2020/06/19

<動画シリーズ12> 新型コロナにも効く行動経済学 大竹文雄・日本経済研究センター研究顧問、大阪大学教授に聞く


話し手は大竹文雄・日本経済研究センター研究顧問、大阪大学教授
聞き手は西條都夫・日本経済新聞社上級論説委員

2020/05/26

<動画シリーズ11> 欧州経済・回復への難路 伊藤さゆりニッセイ基礎研究所研究理事に聞く


話し手は伊藤さゆり・ニッセイ基礎研究所研究理事
聞き手は研究主幹・刀祢館久雄