一覧へ戻る
2050年への構想 メガ・リージョナリズムの時代研究会

《TPP時代の農業改革》10年で農業再生 見取り図描け

-減反廃止と直接支払いで競争力を
-農地所有・利用の責任、より明確に

 

2015/11/20

 環太平洋経済連携協定(TPP)の合意は大きな一歩だ。貿易、投資などの透明性・予見可能性を高め、アジア太平洋地域の活性化に結びつくはずだ。しかし、農業は宿題を残した。特にコメは「実質鎖国」の継続を選んだ。海外との競争を断ち、目先の安定は守ったが、保護と規制を続けるだけでは意欲ある農家が減り衰退が加速する。TPP対策として必要なのは、一時しのぎのバラマキではない。改革の工程表を明確にした上で、保護ありきから脱却、革新に挑む担い手を呼び込む枠組みを整えることだ。この機に「10年で再生」の見取り図を描くべきだ。これまでの日経センターの分析・提言も踏まえ、農業改革のあり方を提言する。

バックナンバー

2020/09/10

データ主導社会、異領域のデータ連携が不可欠

個人情報保護、偽情報対策など情報の信頼性確保が必要
6G、日米欧で早急に研究開発を

議事要旨 第9回

2020/09/02

コロナ危機、DX時代でクラウドサービスの利用が拡大

トップ自らの推進とクラウド人材育成が不可欠

議事要旨 第8回

2020/07/20

コロナ感染防止でSNSの可能性が拡大

個人情報の活用は、エンドユーサーの利益が不可欠

議事要旨 第7回

2020/07/20

位置情報と検索データをコロナ対策に応用

6月下旬に感染を疑われる人が再び増加

議事要旨 第1回

2020/06/24

<動画シリーズ13 最終回> 感染防止と経済成長の両立、デジタル技術が中核 西村経済再生相に聞く


話し手は西村康稔・経済再生相、聞き手は政策研究室長・小林辰男

2020/06/19

<動画シリーズ12> 新型コロナにも効く行動経済学 大竹文雄・日本経済研究センター研究顧問、大阪大学教授に聞く


話し手は大竹文雄・日本経済研究センター研究顧問、大阪大学教授
聞き手は西條都夫・日本経済新聞社上級論説委員

2020/05/26

<動画シリーズ11> 欧州経済・回復への難路 伊藤さゆりニッセイ基礎研究所研究理事に聞く


話し手は伊藤さゆり・ニッセイ基礎研究所研究理事
聞き手は研究主幹・刀祢館久雄