一覧へ戻る
第4次産業革命の中の日本 生産性、日米の違いは何か

製造業のICT化が競争力維持のカギ

中核の情報通信業は、米国に大きく見劣り
高度人材の活用、中小企業が有効、採用・処遇慣行などの改革を

 

2018/06/13

 日本は第4次産業革命時代の中核であるICT(情報通信技術)産業が、インターネット時代への対応が遅れ、ハード、ソフトとも生き残りが厳しい。しかし自動車や機械、素材などの製造業は高度人材やICTを活用し、同時に生産性の伸びも一定程度維持している。非製造業でも小売などでICTによる生産性向上への取り組みがみられる。製造業を中心にICT産業以外がビジネスをICT化することが、競争力維持のカギになる。また博士や研究者など高度人材については、ベンチャーなど中小の組織の方が生産性向上につながりやすいことから、ベンチャー設立支援を大幅に強化する必要がある。産業界や政府には、日本型雇用慣行や既存の中小企業政策からの脱却につながる改革が求められる。

日本経済研究センター

キーワード

バックナンバー

2021/02/10

AI、4つのあるべき未来

文章の自動生成、双方向な映像作品も実現
社会実装には倫理、モラルのチェック必要に

議事要旨 第14回

2021/02/05

経済分析に利用広がるテキストマイニング

大規模記事データから「因果関係」を抽出

議事要旨 第5回

2021/02/01

緊急事態宣言、ステージⅡまで継続を

21年春から消費は回復軌道に
医療・経済面で将来の恩恵大きく

2021/01/20

カーボンプライシングは行動変容へつながる制度に

2050年脱炭素は必然の流れ
世界はグリーンとデジタルで成長戦略

議事要旨 第13回

2020/12/23

「経済損失型」広告、週末の外出自粛に有効

コロナ感染防止に「ナッジ理論」を活用

議事要旨 第4回

2020/11/24

健康・医療アドバイスのみでも200億円市場

医療データのDXで幅広い恩恵の可能性
活用ルールの整備を

健康・医療データの価値を推計する

小津 敦高口 鉄平

2020/11/13

5G、中国では月額2000円で通信事業者が提供

高速大容量のサービスが先行
中国通信機器メーカー、米中対立への対応難しく

議事要旨 第12回