一覧へ戻る
第4次産業革命の中の日本 生産性、日米の違いは何か

製造業のICT化が競争力維持のカギ

中核の情報通信業は、米国に大きく見劣り
高度人材の活用、中小企業が有効、採用・処遇慣行などの改革を

 

2018/06/13

 日本は第4次産業革命時代の中核であるICT(情報通信技術)産業が、インターネット時代への対応が遅れ、ハード、ソフトとも生き残りが厳しい。しかし自動車や機械、素材などの製造業は高度人材やICTを活用し、同時に生産性の伸びも一定程度維持している。非製造業でも小売などでICTによる生産性向上への取り組みがみられる。製造業を中心にICT産業以外がビジネスをICT化することが、競争力維持のカギになる。また博士や研究者など高度人材については、ベンチャーなど中小の組織の方が生産性向上につながりやすいことから、ベンチャー設立支援を大幅に強化する必要がある。産業界や政府には、日本型雇用慣行や既存の中小企業政策からの脱却につながる改革が求められる。

日本経済研究センター

キーワード

バックナンバー

2019/09/19

AI活用、異常時など希少データの獲得が必要

送収益化のインセンティブを欠く日本
格差拡大防ぐには新たな職の創出が不可欠

議事要旨 第37回

2019/08/09

エネ計画の再エネ目標は達成可能

再エネ、出力抑制を小さくする仕組み作り進む
送電網の広域化へ連系線整備、負担は全国で

議事要旨 第36回

2019/07/12

重商主義強める米国、世界経済分断にも現実味

中国のデジタル権威主義を脅威視
日本はルール・ベースでの外交を

議事要旨 第35回

2019/05/17

プラットフォーマー規制、競争法のみでは限界も

個人情報保護など多様な観点が必要に
国際的な協力でルール策定が欠かせず

議事要旨 第34回

2019/05/14

デジタル時代のマーケティング・広告戦略ーデータのフル活用によるニーズ把握、ビジネスへの応用が不可欠

従来型の広告の役割は縮小

議事要旨 第33回

2019/04/22

銀行のIT企業買収、可能に
金融機関が保有する情報、第三者提供にも道

フィンテック時代への対応を後押し

議事要旨 第32回

2019/03/07

事故処理費用、40年間に35兆~80兆円に

-廃炉見送り(閉じ込め・管理方式)も選択肢に
-汚染水への対策が急務

続・福島第一原発事故の国民負担