一覧へ戻る
エネルギー・環境の未来を語るラウンドテーブル 福島第一原発事故の国民負担

事故処理費用は50兆~70兆円になる恐れ

-負担増なら東電の法的整理の検討を
-原発維持の根拠、透明性高い説明を

 

2017/03/07

2016年12月下旬に経済産業省の東京電力・1F問題委員会は、福島第1原発事故の処理に22兆円かかるとの再試算を公表し、政府は、その一部を電気料金に上乗せするとの方向性を示した。しかし日本経済研究センターの試算では最終的に70兆円近くに処理費が膨らむ可能性すらある。電力不足や原発が安価な電源という訳でもない状況下で原発を維持するには、過半数の国民が原発に懐疑的な状況を変える必要がある。国民負担の前提として東電の法的整理を含めた関係機関の責任の明確化、エネルギー源としての原発の必要性と責任ある過酷事故対策について透明性の高い説明が不可欠だ。政府は30年度に電力の22%程度を原発で供給すると計画しているが、信頼回復なしには画餅に終わる可能性が高い。

※2017年4月18日にシンポジウム「原子力に未来はあるのか―存続・脱原発それぞれの課題」を開催しました。
※参考)14年4月から17年3月7日のエネルギー環境の未来を語るラウンドテーブルはこちら

※参考)14年3月24日以前のエネルギー環境の未来を語るラウンドテーブルはこちら

バックナンバー

2020/05/26

<動画シリーズ11> 欧州経済・回復への難路 伊藤さゆりニッセイ基礎研究所研究理事に聞く


話し手は伊藤さゆり・ニッセイ基礎研究所研究理事
聞き手は研究主幹・刀祢館久雄

2020/05/25

<動画シリーズ10> 岐路に立つグローバル化 中西寛京都大学教授に聞く


話し手は中西寛・京都大学大学院法学研究科教授
聞き手はエグゼクティブフェロー・村井浩紀

2020/05/18

<動画シリーズ9> 揺れる米国と大統領選挙のゆくえ 中山俊宏慶應義塾大学教授に聞く


話し手は中山俊宏・慶應義塾大学総合政策学部教授、日本国際問題研究所上席客員研究員
聞き手は研究主幹・刀祢館久雄

2020/05/14

<動画シリーズ8> 企業のデジタル転換、コロナ機に飛躍を 野村総研・桑津浩太郎研究理事に聞く


話し手は桑津浩太郎・野村総合研究所研究理事 未来創発センター長
聞き手は研究本部長・清水貞治

2020/04/27

<動画シリーズ7> 働き方変容に備えを 山田久 日本総研副理事長に聞く


話し手は山田久・日本総合研究所副理事長/調査部主席研究員
聞き手は首席研究員・猿山純夫

2020/04/23

<動画シリーズ6> 内外への対応を試される習政権 宮本雄二 元駐中国大使に聞く


話し手は宮本雄二・宮本アジア研究所代表(元駐中国大使)
聞き手は首席研究員・伊集院敦

2020/04/21

<動画シリーズ5> 大恐慌以来の世界経済危機 今村卓丸紅経済研究所長に聞く


話し手は今村卓・丸紅執行役員経済研究所長
聞き手は研究主幹・刀祢館久雄