一覧へ戻る
第4次産業革命の中の日本 研究開発は成長に役立っているか? (博士増、生産性向上に結びつかず)

博士増、生産性向上に結びつかず

問題は大学教育か、企業の活かし方か
技術輸入は低迷、依然として「自前主義」

 

2018/01/26

第4次産業革命を生き残るには、研究開発力は生命線となる。日本企業の研究開発の現状と課題はいかなるものか?1990年代半ばから進めてきた博士数の急速な増加は、必ずしも生産性の向上につながっておらず、博士の大学教育のあり方や企業の研究開発での活かし方に大きな問題がある可能性は否定できない。政府が政策の柱とする「人づくり革命」「生産性革命」の実現には、教育制度や雇用制度・慣行の大改革が必要になるだろう。

*2月12日付け日本経済新聞朝刊・科学技術面に関連記事が掲載されました。

図表1 博士は増えたが、アウトプットには結びついてない

 
(資料)文部科学統計要覧、鉱工業指数、国民経済計算

図表2 技術輸入は低水準、低下傾向で、自前主義からの脱却が進んでいない


(資料)科学技術研究調査

 

バックナンバー

2019/03/07

事故処理費用、40年間に35兆~80兆円に

-廃炉見送り(閉じ込め・管理方式)も選択肢に
-汚染水への対策が急務

続・福島第一原発事故の国民負担

2019/02/21

ファーウェイ排除 世界経済への震度

欧州同調なら影響大きく
-供給網組み替えへ「脱中国」も-

猿山 純夫田原 健吾 / 川崎泰史・オフィスTSQ代表(CGEモデル分析)

2019/02/19

デジタルが可能にする働き方改革

組織風土の変革、顧客本位の発想がカギ

議事要旨 第31回

2019/02/01

3Dプリンターが変える製造業

航空機エンジンの部品で実用化、生産戦略が一変の可能性

議事要旨 第30回

2018/12/25

情報サービス、生き残りにはコンサル力が必要

アジャイル開発、顧客の思考様式の変革が不可欠

議事要旨 第29回

2018/12/20

長寿どこまで 2060年 雇用の未来図

「技術革新と長寿化を生かす未来」 中間報告 2018~2060年

監修:岩田 一政猿山 純夫田原 健吾 / 本田 幸久 研究生(日本経済新聞社より派遣)/ 小野寺 敬

2018/12/04

収益最大化へAI、ビッグデータ活用も

訪日客増、空港の拡張・イノベーション化にも期待

議事要旨 第28回