一覧へ戻る
第4次産業革命の中の日本 研究開発は成長に役立っているか? (博士増、生産性向上に結びつかず)

博士増、生産性向上に結びつかず

問題は大学教育か、企業の活かし方か
技術輸入は低迷、依然として「自前主義」

 

2018/01/26

第4次産業革命を生き残るには、研究開発力は生命線となる。日本企業の研究開発の現状と課題はいかなるものか?1990年代半ばから進めてきた博士数の急速な増加は、必ずしも生産性の向上につながっておらず、博士の大学教育のあり方や企業の研究開発での活かし方に大きな問題がある可能性は否定できない。政府が政策の柱とする「人づくり革命」「生産性革命」の実現には、教育制度や雇用制度・慣行の大改革が必要になるだろう。

*2月12日付け日本経済新聞朝刊・科学技術面に関連記事が掲載されました。

図表1 博士は増えたが、アウトプットには結びついてない

 
(資料)文部科学統計要覧、鉱工業指数、国民経済計算

図表2 技術輸入は低水準、低下傾向で、自前主義からの脱却が進んでいない


(資料)科学技術研究調査

 

バックナンバー

2020/09/10

データ主導社会、異領域のデータ連携が不可欠

個人情報保護、偽情報対策など情報の信頼性確保が必要
6G、日米欧で早急に研究開発を

議事要旨 第9回

2020/09/02

コロナ危機、DX時代でクラウドサービスの利用が拡大

トップ自らの推進とクラウド人材育成が不可欠

議事要旨 第8回

2020/07/20

コロナ感染防止でSNSの可能性が拡大

個人情報の活用は、エンドユーサーの利益が不可欠

議事要旨 第7回

2020/07/20

位置情報と検索データをコロナ対策に応用

6月下旬に感染を疑われる人が再び増加

議事要旨 第1回

2020/06/24

<動画シリーズ13 最終回> 感染防止と経済成長の両立、デジタル技術が中核 西村経済再生相に聞く


話し手は西村康稔・経済再生相、聞き手は政策研究室長・小林辰男

2020/06/19

<動画シリーズ12> 新型コロナにも効く行動経済学 大竹文雄・日本経済研究センター研究顧問、大阪大学教授に聞く


話し手は大竹文雄・日本経済研究センター研究顧問、大阪大学教授
聞き手は西條都夫・日本経済新聞社上級論説委員

2020/05/26

<動画シリーズ11> 欧州経済・回復への難路 伊藤さゆりニッセイ基礎研究所研究理事に聞く


話し手は伊藤さゆり・ニッセイ基礎研究所研究理事
聞き手は研究主幹・刀祢館久雄