一覧へ戻る
未来社会経済研究会 議事要旨 第26回

ITサービス、世界標準が必要条件

人材の待遇、日米で大差

 

2018年09月13日発表

 2018年9月5日(水)に第26回会合を開き、第4次産業革命時代のグローバルな人材活用と競争力について議論した。情報(IT)サービスにおける世界の上位企業は、グローバル展開を前提とし、基本的に標準品のみを提供するという点で共通している。巨額な研究開発投資を行い、世界中から優秀な人材を獲得する米アップルやグーグル、アマゾンといった上位企業が新たなテクノロジーや製品を生み出す一方で、日本を含む残りのIT企業は、その動向を注視し、それに関連した事業を展開するという構造となっている。日本のIT人材不足はこれからさらに広がると見通されているが、IT人材への社会的認識が日米では大きく異なり、年収の差にも表れている。

日本経済研究センター

※参考)18年8月以前の未来社会経済研究会議事録はこちら

バックナンバー

2018/09/26

デジタル、ネットが既存マーケを不要に

ICTの標準化、現場思考で
収集データの開放、競争促進のカギに

議事要旨 第27回

2018/09/13

ITサービス、世界標準が必要条件

人材の待遇、日米で大差

議事要旨 第26回

2018/08/21

18年度は2060年長期予測に取り組みます

「破壊的技術革新と長寿化を生かす未来」をテーマに、2060年長期予測を12、3月に公表

2018/08/13

セキュリティへの不安を上回るサービスが課題

キャッシュレス決済、利用は2割にとどまる

議事要旨 第25回

2018/08/02

組合せ最適化処理に期待が高まる量子アニーリング

ハード・ソフト・アプリ探索の三方向からの研究開発が必須

議事要旨 第24回

2018/06/13

製造業のICT化が競争力維持のカギ

中核の情報通信業は、米国に大きく見劣り
高度人材の活用、中小企業が有効、採用・処遇慣行などの改革を

生産性、日米の違いは何か

2018/01/26

博士増、生産性向上に結びつかず

問題は大学教育か、企業の活かし方か
技術輸入は低迷、依然として「自前主義」

研究開発は成長に役立っているか? 博士増、生産性向上に結びつかず