一覧へ戻る
未来社会経済研究会 議事要旨 第27回

デジタル、ネットが既存マーケを不要に

ICTの標準化、現場思考で
収集データの開放、競争促進のカギに

 

2018年09月26日発表

 2018年9月13日(木)に第27回会合を開き、第4次産業革命時代にインターネットの基本思想(遺伝子)が経済社会にどのような影響を及ぼすか議論した。デジタル化とインターネットの普及によってロングテールビジネスを可能にし、AIやIoT、ビッグデータといった最先端のICT(情報通信技術)の活用は既存の広報やマーケティング、コンサルティングを不要にしつつある。また変化が極めて早いICTの規格標準化については、現場思考で大枠のコンセンサスの下に開発しながら決めていく方式を主流にするべきだ。また巨大プラットフォーマーによる競争阻害を防ぐためには、彼らが収集したデータの開放ルール作成が必要だ。

日本経済研究センター

※参考)18年8月以前の未来社会経済研究会議事録はこちら

バックナンバー

2019/02/01

3Dプリンターが変える製造業

航空機エンジンの部品で実用化、生産戦略が一変の可能性

議事要旨 第30回

2018/12/25

情報サービス、生き残りにはコンサル力が必要

アジャイル開発、顧客の思考様式の変革が不可欠

議事要旨 第29回

2018/12/20

長寿どこまで 2060年 雇用の未来図

「技術革新と長寿化を生かす未来」 中間報告 2018~2060年

監修:岩田 一政猿山 純夫田原 健吾 / 本田 幸久 研究生(日本経済新聞社より派遣)/ 小野寺 敬

2018/09/26

デジタル、ネットが既存マーケを不要に

ICTの標準化、現場思考で
収集データの開放、競争促進のカギに

議事要旨 第27回

2018/09/13

ITサービス、世界標準が必要条件

人材の待遇、日米で大差

議事要旨 第26回

2018/08/21

18年度は2060年長期予測に取り組みます

「破壊的技術革新と長寿化を生かす未来」をテーマに、2060年長期予測を公表

2018/08/13

セキュリティへの不安を上回るサービスが課題

キャッシュレス決済、利用は2割にとどまる

議事要旨 第25回