一覧へ戻る
未来社会経済研究会 議事要旨 (第36回)

エネ計画の再エネ目標は達成可能

再エネ、出力抑制を小さくする仕組み作り進む
送電網の広域化へ連系線整備、負担は全国で

 

2019/08/09

  2019年8月2日(金)に第36回会合を開き、再生可能エネルギーを主力電源化する際の課題とそれに対する政府や電力業界の取り組みについて議論した。再エネの出力抑制を最小限とし、既存の送電網をフル活用する新たなルールが運用されつつある。送電網を広域化する際の費用を全国で分担できる仕組みも整備され、エネルギー基本計画が示す2030年度の再エネ導入目標(総発電量の22-24%)は達成できるだろう。年間2兆円超かかっている国民負担(賦課金)の抑制に向け、固定価格買取制度(FIT)からの自立についても、入札制を導入するなどの動きが始まっている。

日本経済研究センター

バックナンバー

2020/12/23

「経済損失型」広告、週末の外出自粛に有効

コロナ感染防止に「ナッジ理論」を活用

議事要旨 第4回

2020/11/24

健康・医療アドバイスのみでも200億円市場

医療データのDXで幅広い恩恵の可能性
活用ルールの整備を

健康・医療データの価値を推計する

小津 敦高口 鉄平

2020/11/13

5G、中国では月額2000円で通信事業者が提供

高速大容量のサービスが先行
中国通信機器メーカー、米中対立への対応難しく

議事要旨 第12回

2020/10/30

虎ノ門に世界につながるイノベーション発進基地

都心型コミュニティで集積を活かす
Deep Tech型ベンチャーの支援には長期投資が必要

議事要旨 第11回

2020/10/30

コロナ禍で注目高まる「METI POS小売販売額指標」

ビッグデータを活用した新指標開発事業

議事要旨 第3回

2020/10/23

機械学習モデルの予測精度を評価

伝統的な時系列モデルを上回る

議事要旨 第3回

2020/10/07

非効率石炭火力全廃でもCO2の8割削減は困難

排出削減効果は3.5%ポイント
脱炭素、DX社会への加速が不可欠

小林 辰男落合 勝昭川崎 泰史小林 光