一覧へ戻る
デジタル社会研究 議事要旨 (第3回)

日本、データ・人材・制度でAI時代に遅れ

プラットフォーマー規制、個人情報保護法には限界
ユーザー企業にIT人材が必要

 

2019/12/12

日本経済研究センターは12月2日(月)に第3回会合を開き、日本のデジタル社会(AI時代)への対応に関する産官学の課題を議論した。社会に大変革をもたらすデジタル分野で、日本は産官学とも米中に大差をつけられている。デジタル社会の競争力の源泉はデータの集積であり、サービス提供を通じて良質なデータを継続的に収集するプラットフォーマー(巨大IT企業)は競争優位性を急速に拡大させている。日本はAI(人工知能)の優秀な研究者をビジネスに投入できず、広く深い知識を持つ人材も不足している。

バックナンバー

2019/12/12

日本、データ・人材・制度でAI時代に遅れ

プラットフォーマー規制、個人情報保護法には限界
ユーザー企業にIT人材が必要

議事要旨 第3回

2019/11/25

デジタル通貨が変える金融の未来

通貨としてのリブラ、流通は困難
キャッシュレス社会実現には女性、高齢者を取り込む必要

議事要旨 第2回

2019/10/24

サイバー時代、変わる安全保障の体制

米国との同盟強化の必要性
日韓関係の悪化、解決策は当面、難しく

議事要旨 第1回

2019/09/19

AI活用、異常時など希少データの獲得が必要

送収益化のインセンティブを欠く日本
格差拡大防ぐには新たな職の創出が不可欠

議事要旨 第37回

2019/08/09

エネ計画の再エネ目標は達成可能

再エネ、出力抑制を小さくする仕組み作り進む
送電網の広域化へ連系線整備、負担は全国で

議事要旨 第36回

2019/07/12

重商主義強める米国、世界経済分断にも現実味

中国のデジタル権威主義を脅威視
日本はルール・ベースでの外交を

議事要旨 第35回

2019/05/17

プラットフォーマー規制、競争法のみでは限界も

個人情報保護など多様な観点が必要に
国際的な協力でルール策定が欠かせず

議事要旨 第34回