一覧へ戻る
エネルギー・環境の未来を語るラウンドテーブル 原発は生き残れるか?

福島第一原発の廃炉、再検討が不可欠

-信頼回復に全力で取り組め
-立地地域との対話、経済性の再精査、安全性評価への第三者の目、今すぐにも

鈴木 達治郎
  特任研究員/長崎大学教授

2020/02/14

 2011年3月11日の東京電力福島第一原子力発電所の事故から9年を迎える。事故直後の民主党政権時には、筆者も政府の一員として、「原子力・エネルギー政策を原点から見直す」作業に従事した。その際、「福島事故の教訓と反省をふまえる」ことが不可欠であり、最新のエネルギー基本計画にもその旨が明記されている 。しかし、本当に私たちは福島事故の教訓と反省を踏まえた政策を実施しているのであろうか。原発が生き残るためにも、福島事故の教訓と反省をきちんと踏まえることが不可欠だ。それなしに原発は生き残れないだろう。9年目を迎えた現状を改めて評価し、原発が生き残るためにすべきことを検証する。
 原発の存続には、立地地域との対話、経済性の再精査、安全性評価への第三者のチェックに関する体制を今すぐに構築することが欠かせない。

ポイント
1.福島原発廃炉措置について:第三者機関を設置せよ
2.再稼働問題:地域対話の場を作れ
3.核のゴミと核燃料サイクル:根本的見直しで核兵器とのつながりを断て
4.原発の競争力:実績データに基づき再精査が必要
5.国民の信頼確保:福島事故の最大の教訓

バックナンバー

2020/03/31

<シリーズ どうなる世界経済と日本>――コロナ危機を恐慌にはしない

GDPの需要不足、50兆円規模の恐れ

講師:岩田 一政/ 聞き手:小林 辰男

2020/03/25

緊急政策提言――景気浮揚対策でなく、コロナ対策を最優先に

生活保障、企業支援などで10兆円規模の真水
感染終息への見通し明示を

2020/03/16

巨大IT企業に対する 取引透明化、データ開放の条件の整備がカギ

ICT分野でのイノベーション、促進へ競争環境整備

議事要旨 第6回

2020/02/14

自動運転・EVの価値は移動の道具から地域の豊かさへ

企業は自前主義から脱却、戦略的提携がカギ

議事要旨 第5回

2020/02/14

福島第一原発の廃炉、再検討が不可欠

-信頼回復に全力で取り組め
-立地地域との対話、経済性の再精査、安全性評価への第三者の目、今すぐにも

原発は生き残れるか?

鈴木 達治郎

2020/02/03

COP26、温暖化ガス削減へ投資、グリーンファイナンスもテーマに

ICTは気候変動対策に大きな役割
老朽石炭火力の廃止、カーボンプライシング導入など焦点に

議事要旨 第4回

2019/12/12

日本、データ・人材・制度でAI時代に遅れ

プラットフォーマー規制、個人情報保護法には限界
ユーザー企業にIT人材が必要

議事要旨 第3回