一覧へ戻る
デジタル社会研究 議事要旨 (第4回)

COP26、温暖化ガス削減へ投資、グリーンファイナンスもテーマに

ICTは気候変動対策に大きな役割
老朽石炭火力の廃止、カーボンプライシング導入など焦点に

 

2020/02/03

日本経済研究センターは1月21日(火)に第4回会合を開き、地球環境問題へデジタル技術がどのように貢献でき、2050年までに温暖化ガス(主にCO2)の8割削減、21世紀後半のできるだけ早期に排出実質ゼロ=脱炭素社会をめざすという長期目標を日本が実現するための課題などについて議論した。グローバルなリスクとして環境問題に最も関心が集まっており、経済社会のデジタル化は脱エネルギー、脱資源を推し進め、気候変動対策(温暖化防止、脱炭素化)に大きな役割を果たす。2020年11月に英国で開催されるCOP26(気候変動枠組み条約第26回締約国会議)では温暖化ガスの排出削減目標の上積みのほか、地球環境問題に対応した投資とその資金調達(グリーンファイナンス)がテーマになるだろう。国内の削減対策としては老朽化した石炭火力の廃止や温暖化ガスの排出量に基づいて課税する炭素税などが焦点になる見通し。

バックナンバー

2021/03/08

情報通信基盤「IOWN」、2030年ごろから実用化

消費電力100分の1、伝送容量125倍、1/200の低遅延に

議事要旨 第15回

2021/02/10

AI、4つのあるべき未来

文章の自動生成、双方向な映像作品も実現
社会実装には倫理、モラルのチェック必要に

議事要旨 第14回

2021/01/20

カーボンプライシングは行動変容へつながる制度に

2050年脱炭素は必然の流れ
世界はグリーンとデジタルで成長戦略

議事要旨 第13回

2020/11/24

健康・医療アドバイスのみでも200億円市場

医療データのDXで幅広い恩恵の可能性
活用ルールの整備を

健康・医療データの価値を推計する

小津 敦高口 鉄平

2020/11/13

5G、中国では月額2000円で通信事業者が提供

高速大容量のサービスが先行
中国通信機器メーカー、米中対立への対応難しく

議事要旨 第12回

2020/10/30

虎ノ門に世界につながるイノベーション発進基地

都心型コミュニティで集積を活かす
Deep Tech型ベンチャーの支援には長期投資が必要

議事要旨 第11回

2020/10/02

EV、自動運転、長期的には自動車産業へ影響大きく

新たなサービスモデルの提供が普及のカギ
新興国や中国、米国では自動車需要、足元で急回復

議事要旨 第10回