一覧へ戻る
AI・ビッグデータ経済モデル研究会 議事要旨 (第3回)

コロナ禍で注目高まる「METI POS小売販売額指標」

ビッグデータを活用した新指標開発事業

 

2020/10/30

日本経済研究センターは10月16日、第3回「AI・ビッグデータ経済モデル研究会」を開催した。この日の2件目は、経済産業省大臣官房調査統計グループ総合調整室参事官(総合調整担当)井上学氏と同グループ調査分析支援室長田邉敬一氏から、『ビッグデータを活用した新指標開発事業について』と題して報告があった。新型コロナウイルスの影響下において足の早い個人消費の統計として最近注目が高まっている「METI POS小売販売額指標」などの話とともに、同事業の全体像と戦略について説明があった。

バックナンバー

2021/04/30

3週間の緊急事態宣言では再々発出の恐れも

変異株のもと疫学マクロモデルで試算

議事要旨 第6回

2021/02/05

経済分析に利用広がるテキストマイニング

大規模記事データから「因果関係」を抽出

議事要旨 第5回

2020/12/23

「経済損失型」広告、週末の外出自粛に有効

コロナ感染防止に「ナッジ理論」を活用

議事要旨 第4回

2020/10/30

コロナ禍で注目高まる「METI POS小売販売額指標」

ビッグデータを活用した新指標開発事業

議事要旨 第3回

2020/10/23

機械学習モデルの予測精度を評価

伝統的な時系列モデルを上回る

議事要旨 第3回

2020/10/06

高頻度取引で株価形成はどう変わったか

流動性供給の役割も担う
クラスター分析で投資行動を分類

議事要旨 第2回

2020/07/20

位置情報と検索データをコロナ対策に応用

6月下旬に感染を疑われる人が再び増加

議事要旨 第1回