一覧へ戻る
デジタル社会研究 健康・医療データの価値を推計する

健康・医療アドバイスのみでも200億円市場

医療データのDXで幅広い恩恵の可能性
活用ルールの整備を

小津 敦
  主任研究員
高口 鉄平
  特任研究員

2020/11/24

 個人情報を含むパーソナルデータの円滑な流通や活用は新たなサービス、産業を誕生させるとの期待が高い。例えば、パーソナルデータの流通・活用に有効と期待される情報銀行は、2020年10月末で5社 がすでに認定されている。しかし、事業者の期待もある健康・医療分野では要配慮個人情報は、情報銀行の認定対象外となっている。賛否両論ある中、その他の個人情報と比べ、個人の意図に反して流通した場合の問題がより深刻であることを考慮し慎重な対応がなされている。ただ当センターが想定した限定的な健康医療サービスですら200億円程度の価値が推計できた。ルールを定めて正しく活用できれば、情報銀行経由か否かに関わらず、健康・医療データは、個人と産業にDX(デジタル転換)の恩恵を広くもたらす可能性がある。


図 健康・医療アドバイスのサービス価値

(注)データ提供に当たり、各条件に対し健康に関心がある個人が支払ってもよいと考える金額



※20年11月24日付の日本経済新聞朝刊・経済教室に、小津敦主任研究員と高口鉄平特任研究員が寄稿しました。(医療体制とコスト㊥「医療データ活用、議論加速を」)

バックナンバー

2022/11/08

洋上風力、施工などで国産技術の可能性

欧州、中国に普及では大きく後れ
長期計画に基づく政府の事業環境整備、普及に欠かせず

議事要旨 第31 回

2022/10/21

防衛装備の本格整備、時間が必要

技術基盤などで民間との連携が不可欠に

議事要旨 第30 回

2022/09/13

製造業のデジタルツイン、コスト7分の1で実現

グーグルマップ並みの操作性
設備管理データの共有が普及のカギに

議事要旨 第29 回

2022/07/25

エネルギーの脱ロシアには5年程度の時間

欧州の石炭調達、価格高騰に直結
アンモニア活用の脱炭素、G7でも注目

議事要旨 第28 回

2022/07/08

日本の安保強化、ICT活用が必要

情報戦、電子戦でICTが主役に
民生技術の軍事利用が世界の流れ

議事要旨 第27 回

2022/06/30

経済安全保障政策、国際機関の機能不全が前提に

供給網確保、基幹インフラの安定提供、先端技術の官民開発、特許非公開が柱

議事要旨 第26 回

2022/05/17

デジタル時代の安保体制、検討が急務~ウクライナ侵攻で浮き彫り

ハイブリッド(サイバー・リアル)戦争、国際ルールがあいまいに

議事要旨 第25 回