一覧へ戻る
AI・ビッグデータ経済モデル研究会 議事要旨 (第4回)

「経済損失型」広告、週末の外出自粛に有効

コロナ感染防止に「ナッジ理論」を活用

 

2020/12/23

日本経済研究センターは12月18日、第4回「AI・ビッグデータ経済モデル研究会」を開催した。「ナッジ理論を活用したオンライン広告実験について」と題し、慶應義塾大学教授星野崇宏氏とサイバーエージェントAI Labリサーチ・サイエンティスト森脇大輔氏から行動経済学の「ナッジ理論 」を活用した新型コロナ感染防止を促すランダム化比較実験をはじめ、オンライン広告実験などの成果の報告があった。研究会では分析手法、今後の分析の可能性などについて議論した。

バックナンバー

2021/09/24

経済学で紐解くビジネスネットワーク

名刺データからキーシティー特定も

議事要旨 第8回

2021/06/24

深層学習と経済理論の連携で予測精度改善

モデルの「賞味期限」の短さに対応

議事要旨 第7回

2021/04/30

3週間の緊急事態宣言では再々発出の恐れも

変異株のもと疫学マクロモデルで試算

議事要旨 第6回

2021/02/05

経済分析に利用広がるテキストマイニング

大規模記事データから「因果関係」を抽出

議事要旨 第5回

2020/12/23

「経済損失型」広告、週末の外出自粛に有効

コロナ感染防止に「ナッジ理論」を活用

議事要旨 第4回

2020/10/30

コロナ禍で注目高まる「METI POS小売販売額指標」

ビッグデータを活用した新指標開発事業

議事要旨 第3回

2020/10/23

機械学習モデルの予測精度を評価

伝統的な時系列モデルを上回る

議事要旨 第3回