一覧へ戻る
デジタル社会研究 議事要旨 (第13回)

カーボンプライシングは行動変容へつながる制度に

2050年脱炭素は必然の流れ
世界はグリーンとデジタルで成長戦略

 

2021/01/20

 日本経済研究センターは1月14日(木)に第13回会合を開いた。2020年10月に菅義偉首相が「2050年脱炭素社会実現」を宣言し、地球環境保全を成長戦略として位置付けた。これを受け、政府高官を招いて具体策について議論した。脱炭素の流れは歴史的に必然であり、欧州や中国はグリーン(環境)とデジタルによってコロナ危機で受けた経済的ダメージから回復する戦略を進めている。また温暖化ガスの排出抑制に必要とされるカーボンプライシング(環境税や排出量取引)は企業の行動変容につながる制度にすることが欠かせない。

バックナンバー

2021/10/13

グローバル市場への売り込み、半導体復権のカギ

半導体、データセンターやAI向けなどが主流に

議事要旨 第20回

2021/09/10

脱炭素、電炉でスクラップの最大活用

リサイクルでも高品質鋼板が可能に

議事要旨 第19回

2021/08/12

医療画像システム、AIが競争力の決め手

個人情報保護と利活用の仕組み整備が不可欠

議事要旨 第18回

2021/08/03

DX加速社会は円高にメリット

製造業では円安メリットが拡大

落合 勝昭小林 辰男

2021/07/26

損保、DXでビジネス環境は大変化

保険の概念の根底を揺さぶる

議事要旨 第17回

2021/06/04

カーボンプライシングの計画的導入は不可避

脱炭素への取り組み支援、先行に

議事要旨 第16回

2021/03/08

情報通信基盤「IOWN」、2030年ごろから実用化

消費電力100分の1、伝送容量125倍、1/200の低遅延に

議事要旨 第15回