一覧へ戻る
コロナ危機と闘う

緊急事態宣言、ステージⅡまで継続を

21年春から消費は回復軌道に
医療・経済面で将来の恩恵大きく

 

2021/02/01

 首都圏、京阪神、愛知、福岡県など11都府県にコロナウイルスの感染爆発による医療崩壊を防ぐため、政府は1月上旬に緊急事態宣言を発出した。テレワーク7割、20時以降の外出自粛、飲食店への営業時間短縮の要請が主な対策だ。宣言の効果は表れつつあるが、どのタイミングで宣言を解除するべきか、経済影響の観点から試算した。
 医療の逼迫度合いを大きく緩和できるステージⅡ水準まで感染を収束させて宣言を解除(ステージⅢ解除に比べ約2週間延長、解除は3月7日)すると消費は秋まで回復軌道を維持でき、経済的にも恩恵をもたらす。東京五輪も何らかの形で開催できる可能性が高まる。一方、ステージⅢ段階で解除すると当初の消費の落ち込みは小さいが、21年半ばに再び感染が拡大、夏に3回目の緊急事態宣言に追い込まれ、消費も失速する懸念がある。治療薬もなく、ワクチン接種の見通しも不透明な現局面は“With Corona” ではなく “Without Corona” を優先する時だろう。

 

図表 ステージⅡまで感染抑制した方が経済の落ち込みは小さい

(注) シナリオ1は感染レベルをステージⅢ(東京都なら1週間の新規感染者数の平均が500人)、シナリオ2はステージⅡ(同100人)で緊急事態宣言を解除。人流から消費水準を推計。緊急事態宣言解除後の人流は2020年5月の緊急事態宣言解除と同様の流れになると仮定した。
(資料) 内閣府「四半期別GDP速報」、日本経済研究センター「改訂第184回四半期経済予測」

本提言は、主任研究員:小林辰男、副主任研究員:高野哲彰、梶田脩斗、理事長・岩田一政が執筆した。

 

※英文版「The Impact of the State of Emergency on the Japanese Economy」はこちら

バックナンバー

2021/06/11

6月20日解除なら、五輪期間中に再宣言の可能性

有観客は人流強める誤ったメッセージに
7月下旬まで緊急事態宣言の延長を

梶田 脩斗小林 辰男

2021/03/18

現状放置なら5月下旬に緊急事態宣言の恐れ

まん延防止措置の機動的活用を
第4波防止、ワクチン普及の速度がカギ

小林 辰男高野 哲彰梶田 脩斗

2021/02/01

緊急事態宣言、ステージⅡまで継続を

21年春から消費は回復軌道に
医療・経済面で将来の恩恵大きく

2020/06/24

<動画シリーズ13 最終回> 感染防止と経済成長の両立、デジタル技術が中核 西村経済再生相に聞く


話し手は西村康稔・経済再生相、聞き手は政策研究室長・小林辰男

2020/06/19

<動画シリーズ12> 新型コロナにも効く行動経済学 大竹文雄・日本経済研究センター研究顧問、大阪大学教授に聞く


話し手は大竹文雄・日本経済研究センター研究顧問、大阪大学教授
聞き手は西條都夫・日本経済新聞社上級論説委員

2020/05/26

<動画シリーズ11> 欧州経済・回復への難路 伊藤さゆりニッセイ基礎研究所研究理事に聞く


話し手は伊藤さゆり・ニッセイ基礎研究所研究理事
聞き手は研究主幹・刀祢館久雄

2020/05/25

<動画シリーズ10> 岐路に立つグローバル化 中西寛京都大学教授に聞く


話し手は中西寛・京都大学大学院法学研究科教授
聞き手はエグゼクティブフェロー・村井浩紀