一覧へ戻る
デジタル社会研究 議事要旨 (第15回)

情報通信基盤「IOWN」、2030年ごろから実用化

消費電力100分の1、伝送容量125倍、1/200の低遅延に

 

2021/03/08

 日本経済研究センターは2月25日(木)に第15回会合を開き、次世代のコミュニケーション基盤およびコンピューティング基盤として期待されるNTT「IOWN」構想について専門家を招き、議論した。IOWNでは、情報の伝送だけでなく、メモリ(記憶)や演算も電子ではなく光で実施することを最終目標にしている。省電力、超高速、低遅延の通信・情報処理が実現するだろう。現状のデジタル技術の限界があるシミュレーションや予測技術に飛躍的な発展をもたらすことが期待できる。ただ研究開発を担う人材の獲得、機器の製造技術の確保など実現に向けた課題も多い。

バックナンバー

2022/05/17

デジタル時代の安保体制、検討が急務~ウクライナ侵攻で浮き彫り

ハイブリッド(サイバー・リアル)戦争、国際ルールがあいまいに

議事要旨 第25 回

2022/03/01

デジタル敗戦の教訓、成果主義・オープンガバメントへ転換

行政のDX促進、データ基盤づくりが不可欠

議事要旨 第24 回

2022/02/24

エンタメ、ヘルスケア、グリーンでのDX活用に期待

リアルとバーチャルの融合がカギ

議事要旨 第23 回

2021/12/24

行動実績をAI分析、少額与信を可能に

キャッシュレス決済、顧客の元手資金の獲得がカギ

議事要旨 第22 回

2021/12/10

温暖化対策の移行金融、国際原則は2023年までに策定

金融機関のDX対応、規制緩和・インフラ整備で促進

議事要旨 第21 回

2021/10/13

グローバル市場への売り込み、半導体復権のカギ

半導体、データセンターやAI向けなどが主流に

議事要旨 第20回

2021/09/10

脱炭素、電炉でスクラップの最大活用

リサイクルでも高品質鋼板が可能に

議事要旨 第19回