一覧へ戻る
デジタル社会研究 議事要旨 (第15回)

情報通信基盤「IOWN」、2030年ごろから実用化

消費電力100分の1、伝送容量125倍、1/200の低遅延に

 

2021/03/08

 日本経済研究センターは2月25日(木)に第15回会合を開き、次世代のコミュニケーション基盤およびコンピューティング基盤として期待されるNTT「IOWN」構想について専門家を招き、議論した。IOWNでは、情報の伝送だけでなく、メモリ(記憶)や演算も電子ではなく光で実施することを最終目標にしている。省電力、超高速、低遅延の通信・情報処理が実現するだろう。現状のデジタル技術の限界があるシミュレーションや予測技術に飛躍的な発展をもたらすことが期待できる。ただ研究開発を担う人材の獲得、機器の製造技術の確保など実現に向けた課題も多い。

バックナンバー

2022/11/08

洋上風力、施工などで国産技術の可能性

欧州、中国に普及では大きく後れ
長期計画に基づく政府の事業環境整備、普及に欠かせず

議事要旨 第31 回

2022/10/21

防衛装備の本格整備、時間が必要

技術基盤などで民間との連携が不可欠に

議事要旨 第30 回

2022/09/13

製造業のデジタルツイン、コスト7分の1で実現

グーグルマップ並みの操作性
設備管理データの共有が普及のカギに

議事要旨 第29 回

2022/07/25

エネルギーの脱ロシアには5年程度の時間

欧州の石炭調達、価格高騰に直結
アンモニア活用の脱炭素、G7でも注目

議事要旨 第28 回

2022/07/08

日本の安保強化、ICT活用が必要

情報戦、電子戦でICTが主役に
民生技術の軍事利用が世界の流れ

議事要旨 第27 回

2022/06/30

経済安全保障政策、国際機関の機能不全が前提に

供給網確保、基幹インフラの安定提供、先端技術の官民開発、特許非公開が柱

議事要旨 第26 回

2022/05/17

デジタル時代の安保体制、検討が急務~ウクライナ侵攻で浮き彫り

ハイブリッド(サイバー・リアル)戦争、国際ルールがあいまいに

議事要旨 第25 回