一覧へ戻る
デジタル社会研究 議事要旨 (第17回)

損保、DXでビジネス環境は大変化

保険の概念の根底を揺さぶる

 

2021/07/26

 日本経済研究センターは7月7日(水)に第17回会合を開き、DX(デジタルトランスフォーメーション)時代に損害保険ビジネスがどのように変化するのか、議論した。人工知能(AI)などの情報通信技術(ICT)の進化と普及で契約主体が個人から事業者へ変わったり、保険期間が短くなったり、大数の法則が通用しなくなったり、保険の概念を根本から揺さぶる可能性がある。

バックナンバー

2023/03/17

脱炭素・エネルギー安定供給の両立、あらゆる選択肢が必要

原発維持、繰り返し発生のエネ危機を想定

議事要旨 第36 回

事務局:小林 辰男

2023/03/06

次世代情報通信基盤「IOWN」、2023年春に一部実用化

遅延“200分の1”をまず目玉に
大阪万博で本格的な「お披露目」目指す

議事要旨 第35 回

2023/02/21

最先端半導体開発、欧米との連携が不可欠

世界の半導体市場、2030年には100兆円に
2020年代後半に量産目指し、政府が支援

議事要旨 第33 回

2023/02/15

電炉を軸に節電、再エネのフル活用が有力

大規模発電所並みの電力を有効利用の可能性

議事要旨 第34 回

2022/12/19

建築物の脱炭素、新築・改修時の対応が不可欠

セメント不要のコンクリート、木材活用の後押しなどもカギ

議事要旨 第32 回

2022/11/08

洋上風力、施工などで国産技術の可能性

欧州、中国に普及では大きく後れ
長期計画に基づく政府の事業環境整備、普及に欠かせず

議事要旨 第31 回

2022/10/21

防衛装備の本格整備、時間が必要

技術基盤などで民間との連携が不可欠に

議事要旨 第30 回