一覧へ戻る
デジタル社会研究

DX加速社会は円高にメリット

製造業では円安メリットが拡大

落合 勝昭
  特任研究員
小林 辰男
  政策研究室長兼主任研究員

2021/08/03

 第47回中期経済予測で想定した2050年のDX社会の産業構造を2015年の経済規模に当てはめ、これを現実の2015年産業連関表と比較することでDXと為替変動の関係を分析した 。産業全体では、両者の為替変動の影響はほとんど同じと言えるが、DXを加速させると、加工組立産業は円安の恩恵を得やすくなり、化石燃料の輸入が大幅減になるエネルギー産業も円安によるマイナス効果は小さくなる。一方、IT(情報技術)サービスは円高メリットを受けやすくなる。製造業中心で輸出に依存する経済では、円高懸念が強調されがちだが、DX社会にシフトすればするほど、円安のデメリットよりも円高のメリットが大きくなるだろう。円高による交易条件の改善は、理論的には海外への所得流出を押さえ、豊かな生活をもたらすことにつながるとされるが、日本の経済社会はデジタル化するほど、この理論どおりになる可能性が高い。

図 製造業は円安メリットが拡大するが、非製造業は円高メリットが大きくなる

(注)2015年産業連関表と日本経済研究センターが第47回中期経済予測で作成した2050年DX社会の産業連関表を2015年時点に修正し、10%の円安・ドル高が日本の産業に与える影響を試算した。

(資料)総務省『産業連関表』、日本銀行『輸出入物価指数の契約通貨別構成比』を基に、日経センター推計

 

※本レポートは日本経済新聞8月4日付け朝刊1面「通貨漂流 ニクソン・ショック50年 ③」の記事で一部引用されました。

バックナンバー

2022/07/25

エネルギーの脱ロシアには5年程度の時間

欧州の石炭調達、価格高騰に直結
アンモニア活用の脱炭素、G7でも注目

議事要旨 第28 回

2022/07/08

日本の安保強化、ICT活用が必要

情報戦、電子戦でICTが主役に
民生技術の軍事利用が世界の流れ

議事要旨 第27 回

2022/06/30

経済安全保障政策、国際機関の機能不全が前提に

供給網確保、基幹インフラの安定提供、先端技術の官民開発、特許非公開が柱

議事要旨 第26 回

2022/05/17

デジタル時代の安保体制、検討が急務~ウクライナ侵攻で浮き彫り

ハイブリッド(サイバー・リアル)戦争、国際ルールがあいまいに

議事要旨 第25 回

2022/03/01

デジタル敗戦の教訓、成果主義・オープンガバメントへ転換

行政のDX促進、データ基盤づくりが不可欠

議事要旨 第24 回

2022/02/24

エンタメ、ヘルスケア、グリーンでのDX活用に期待

リアルとバーチャルの融合がカギ

議事要旨 第23 回

2021/12/24

行動実績をAI分析、少額与信を可能に

キャッシュレス決済、顧客の元手資金の獲得がカギ

議事要旨 第22 回