一覧へ戻る
コロナ危機と闘う

コロナ以前の経済活動レベル、3回接種でも戻せず

行動制限なしでは1月に緊急事態宣言、消費にもマイナス

宮﨑 孝史
  副主任研究員
小林 辰男
  政策研究室長兼主任研究員

2021/09/13

 政府は首都圏や京阪神、中京圏など19都道府県について緊急事態宣言を9月末まで延長した。合わせて11月にも行動制限を緩和する方針も示した。この決定を踏まえ、当センターでは感染拡大の予測、経済(消費)への影響を試算した 。政府の計画通り、11月初めまでに希望者へワクチンを2回接種できれば、年明けにも国内の感染は収束に向かう。ただ収束状態を維持するには、マスク着用や渡航制限のほか、大声を伴う大規模イベントの開催を規制するなど3密回避の行動制限が必要になる。2回接種の完了を機に飲食やイベントなどで新型コロナウイルス感染拡大前の活動を許容する“正常化”に一気に移行すると、3回目接種を実施しても12月下旬から感染拡大が起こり、22年1月中下旬に再び緊急事態宣言の発出に追い込まれる恐れがある。消費への悪影響も大きくなる。経済を可能な範囲でコロナ前に戻すには、飲食やイベント開催への参加には、ワクチン接種証明や検査による陰性証明の義務づけが避けられないだろう。

図表 ワクチン3回接種でも経済活動の“正常化”は難しい(新規感染者数)

(注) 実績の直近は21年9月4日。
 基本シナリオは9月末日に緊急事態宣言を解除、行動制限継続、リスクシナリオは11月初めから各種活動を新型コロナウイルス感染拡大前にする。3回接種シナリオは、11月から接種を開始する。
(資料)Google “COVID-19 Community Mobility Report”、厚生労働省

バックナンバー

2021/09/13

コロナ以前の経済活動レベル、3回接種でも戻せず

行動制限なしでは1月に緊急事態宣言、消費にもマイナス

宮﨑 孝史小林 辰男

2021/06/11

6月20日解除なら、五輪期間中に再宣言の可能性

有観客は人流強める誤ったメッセージに
7月下旬まで緊急事態宣言の延長を

梶田 脩斗小林 辰男

2021/03/18

現状放置なら5月下旬に緊急事態宣言の恐れ

まん延防止措置の機動的活用を
第4波防止、ワクチン普及の速度がカギ

小林 辰男高野 哲彰梶田 脩斗

2021/02/01

緊急事態宣言、ステージⅡまで継続を

21年春から消費は回復軌道に
医療・経済面で将来の恩恵大きく

2020/06/24

<動画シリーズ13 最終回> 感染防止と経済成長の両立、デジタル技術が中核 西村経済再生相に聞く


話し手は西村康稔・経済再生相、聞き手は政策研究室長・小林辰男

2020/06/19

<動画シリーズ12> 新型コロナにも効く行動経済学 大竹文雄・日本経済研究センター研究顧問、大阪大学教授に聞く


話し手は大竹文雄・日本経済研究センター研究顧問、大阪大学教授
聞き手は西條都夫・日本経済新聞社上級論説委員

2020/05/26

<動画シリーズ11> 欧州経済・回復への難路 伊藤さゆりニッセイ基礎研究所研究理事に聞く


話し手は伊藤さゆり・ニッセイ基礎研究所研究理事
聞き手は研究主幹・刀祢館久雄