一覧へ戻る
技術革新と長寿化を生かす未来

18年度は2060年長期予測に取り組みます

「破壊的技術革新と長寿化を生かす未来」をテーマに、2060年長期予測を公表

 

2018/08/21

AIやロボット技術、あらゆるモノがネットにつながるIoT、そしてビッグデータを軸にした第4次産業革命の流れが加速しています。AIが人間の能力を超える「シンギュラリティ(技術的特異点)」の早期到来も叫ばれる中、技術革新の進展が雇用面に及ぼす負の影響が懸念されます。一方、人口減少と少子高齢化が進行する中で、「人生100年時代」と呼ばれる長寿化をどう生き抜くのかも大きな課題です。こうした問題意識の下、2018年度は予測・研究の横断的なプロジェクトとして長期経済予測の改定に取り組み、変革期にある日本経済の針路を考えます。19年度にかけて引き続き取り組みます。

日本経済研究センター

※(ご参考)2017年度までの政策提言はこちら

バックナンバー

2019/03/07

事故処理費用、40年間に35兆~80兆円に

-廃炉見送り(閉じ込め・管理方式)も選択肢に
-汚染水への対策が急務

続・福島第一原発事故の国民負担

2019/02/21

ファーウェイ排除 世界経済への震度

欧州同調なら影響大きく
-供給網組み替えへ「脱中国」も-

猿山 純夫田原 健吾 / 川崎泰史・オフィスTSQ代表(CGEモデル分析)

2019/02/19

デジタルが可能にする働き方改革

組織風土の変革、顧客本位の発想がカギ

議事要旨 第31回

2019/02/01

3Dプリンターが変える製造業

航空機エンジンの部品で実用化、生産戦略が一変の可能性

議事要旨 第30回

2018/12/25

情報サービス、生き残りにはコンサル力が必要

アジャイル開発、顧客の思考様式の変革が不可欠

議事要旨 第29回

2018/12/20

長寿どこまで 2060年 雇用の未来図

「技術革新と長寿化を生かす未来」 中間報告 2018~2060年

監修:岩田 一政猿山 純夫田原 健吾 / 本田 幸久 研究生(日本経済新聞社より派遣)/ 小野寺 敬

2018/12/04

収益最大化へAI、ビッグデータ活用も

訪日客増、空港の拡張・イノベーション化にも期待

議事要旨 第28回