一覧へ戻る
技術革新と長寿化を生かす未来

18年度は2060年長期予測に取り組みます

「破壊的技術革新と長寿化を生かす未来」をテーマに、2060年長期予測を12、3月に公表

 

2018年08月21日発表

AIやロボット技術、あらゆるモノがネットにつながるIoT、そしてビッグデータを軸にした第4次産業革命の流れが加速しています。AIが人間の能力を超える「シンギュラリティ(技術的特異点)」の早期到来も叫ばれる中、技術革新の進展が雇用面に及ぼす負の影響が懸念されます。一方、人口減少と少子高齢化が進行する中で、「人生100年時代」と呼ばれる長寿化をどう生き抜くのかも大きな課題です。こうした問題意識の下、2018年度は予測・研究の横断的なプロジェクトとして長期経済予測の改定に取り組み、変革期にある日本経済の針路を考えます。18年12月、19年3月に公表する予定です。

日本経済研究センター

※(ご参考)2017年度までの政策提言はこちら

バックナンバー

2018/12/04

収益最大化へAI、ビッグデータ活用も

訪日客増、空港の拡張・イノベーション化にも期待

議事要旨 第28回

2018/09/26

デジタル、ネットが既存マーケを不要に

ICTの標準化、現場思考で
収集データの開放、競争促進のカギに

議事要旨 第27回

2018/09/13

ITサービス、世界標準が必要条件

人材の待遇、日米で大差

議事要旨 第26回

2018/08/21

18年度は2060年長期予測に取り組みます

「破壊的技術革新と長寿化を生かす未来」をテーマに、2060年長期予測を12、3月に公表

2018/08/13

セキュリティへの不安を上回るサービスが課題

キャッシュレス決済、利用は2割にとどまる

議事要旨 第25回

2018/08/02

組合せ最適化処理に期待が高まる量子アニーリング

ハード・ソフト・アプリ探索の三方向からの研究開発が必須

議事要旨 第24回

2018/06/13

製造業のICT化が競争力維持のカギ

中核の情報通信業は、米国に大きく見劣り
高度人材の活用、中小企業が有効、採用・処遇慣行などの改革を

生産性、日米の違いは何か