エネルギー・環境の未来を語るラウンドテーブル

  • 続・福島第一原発事故の国民負担

    事故処理費用、40年間に35兆~80兆円に

    -廃炉見送り(閉じ込め・管理方式)も選択肢に
    -汚染水への対策が急務

     

    2019/03/07

      2017年3月に当センターは、福島第1原発事故の処理にかかる費用が最終的に70兆円近くに処理費が膨らむ可能性があると試算した。2年の経過を踏まえ、関係者へのヒアリングなどを通じた限られた情報をベースに再試算してみた。その結果、汚染水の増加によって80兆円を上回る費用になる恐れがある。今回、新たに溶け出した核燃料デブリを取り出さず、廃炉を当面見送り、いわゆる「閉じ込め・管理」する場合も試算した。2050年までの総費用は35兆円程度にとどまる(その後の処理・処分費用は未定のままである)。

  • 温暖化ガス、8割削減への道

    環境税導入でCO2、2050年に7割削減は可能

    経済構造の変革により環境と経済の両立は可能
    1トン当たり3万7000円で、税収は12兆円に

     

    2017/10/13

     長期のエネルギー政策を考えるうえで温暖化防止対策は不可欠な要素だ。福島原発事故以降のエネルギー需要側の変化や供給側の技術進歩を踏まえて、温暖化ガスの大幅削減はどこまで可能で、何が必要条件になるのか?

2019/03/07

事故処理費用、40年間に35兆~80兆円に

-廃炉見送り(閉じ込め・管理方式)も選択肢に
-汚染水への対策が急務

続・福島第一原発事故の国民負担