第4次産業革命の中の日本

  • 生産性、日米の違いは何か

    製造業のICT化が競争力維持のカギ

    中核の情報通信業は、米国に大きく見劣り
    高度人材の活用、中小企業が有効、採用・処遇慣行などの改革を

     

    2018/06/13

     日本は第4次産業革命時代の中核であるICT(情報通信技術)産業が、インターネット時代への対応が遅れ、ハード、ソフトとも生き残りが厳しい。しかし自動車や機械、素材などの製造業は高度人材やICTを活用し、同時に生産性の伸びも一定程度維持している。非製造業でも小売などでICTによる生産性向上への取り組みがみられる。製造業を中心にICT産業以外がビジネスをICT化することが、競争力維持のカギになる。

  • 研究開発は成長に役立っているか? (博士増、生産性向上に結びつかず)

    博士増、生産性向上に結びつかず

    問題は大学教育か、企業の活かし方か
    技術輸入は低迷、依然として「自前主義」

     

    2018/01/26

    第4次産業革命を生き残るには、研究開発力は生命線となる。日本企業の研究開発の現状と課題はいかなるものか?